心の健康アドバイザー
(職場のメンタルヘルス)

心の健康アドバイザー

日常生活でストレッサー(ストレスの原因)を経験すると、そのストレッサーを解決したりストレッサーによる悪影響(ストレス反応)を緩和したりするために、さまざまな工夫をします。これをストレス対処(コーピング)といい、ストレス対処が適切になされている場合には、身体面、心理面、行動面のストレス反応はしだいに低下していきます。
しかし、対処能力を上回るほどのストレッサーを経験したり、ストレッサーが長期間続いたりするとストレス反応も慢性化していきます。ストレス反応が慢性化すると、まず活気が低下して、元気がなくなってきます。この状態が解消されずに慢性化すると、イライラや不安感を覚えるようになります。そして最終的には気分が落ち込み、ものごとがおっくうになるなど、いわゆる「うつ」の状態に近づいていきます。
ストレスは誰しも多かれ少なかれ自覚しているものです。ストレスを過度にためない、また、適度なストレスとうまくつきあっていくために
1、自分のストレスに気づく
2、脳と身体を整える方法を一人一人が持つ
事が大切です。

ストレスの原因に気づく方法や、脳と身体と整える方法を学び、職場の従業員の心の健康を守っていきましょう。

心の健康アドバイザー(職場のメンタルヘルス)
講座概要 ◾️こころの健康とは(脳、体と心の関係を学ぶ)
◾️ラインケア
◾️セルフケア
◾️積極的傾聴 等
対象 管理職、リーダー、リーダー候補、
もしくは、ご自身でセルフケアを学びたい方
時間数 5時間(1日間)
受講料 21,600 円(テキスト代、修了証、税込)
日程 詳しい日程はこちら
出張講座 ※心の健康アドバイザーは職員研修としても開催をしております。
企業や各種団体の皆さまで、こころの健康アドバイザーの職員研修をご希望の際は、お気軽にお問合せください。
>>お問い合わせはこちら